AIRGUN.JP

エアガン.JP 定休:土・日 営業:10~18時

[CAW] コルト ウッズマン ショートバレルカスタム HW (未発火)|エアガン.jp

[CAW] コルト ウッズマン ショートバレルカスタム HW (未発火)

[CAW] コルト ウッズマン ショートバレルカスタム HW (未発火)

※上の写真内容に関わらず、状態が"本体のみ"の商品には箱・説明書等は付属しません

在庫商品について

商品コード:4571261542234-283-10

[CAW] コルト ウッズマン ショートバレルカスタム HW (未発火)

販売価格[税込]18,980
ポイント 189Pt
在庫状況 なし
通常価格:29,480円
只今売り切れです。高価買取します!是非お売りください。

「ワイルド7」作中で主人公「飛葉大陸」が使用するショートバレルのウッズマン。ノーマルバレルを切ったのではなくこのモデル用に新規製作の金型を使用したこだわりよう。ほかにもシルバートリガーや刻印配置など変更されている。


<実銃はこんな銃>
1915年にコルト オートマチック・ピストル・ターゲットモデル(後の『プレ・ウッズマン』)として世に出て、1927年からウッズマンと呼ぶようになった。スポーツ競技用の銃なので、威力は低いが精度は高い。共同設計者3名の一人はジョン・ブローニングである。バレルの長さによって、スポーツモデル(4-1/2in.)、ターゲットモデル(6in.,6-5/8in.)があり、ヘビーバレルのマッチターゲットモデルの他、ウッズマンによく似たチャレンジャー、ハンツマン、ターゲッツマンなど、バリエーションも多岐に渡っている。特にマッチターゲットモデルは、スタームルガー MkIが登場するまでは人気の銃のひとつだった。第二次世界大戦中、米国では小口径ゆえの消音性に着目され、特殊部隊・情報機関向けに減音器付きのモデルが生産され、イギリスでもSOE(Special Operations Executive=イギリス特殊作戦執行部)が、本銃をフルオート化して使用していた。1977年までの長い期間製造されており、生産された年代によって3世代に分類できる。それぞれの間でマガジンの互換性があったりなかったりする。


<モデルガンスペック>
全長180mm
重量590g
装弾数7発
システム5mmキャップ火薬
定価¥26,800

この商品のレビュー

レビューを書いてGET!キャンペーン中

本商品のご購入後、このページに商品レビューを書いていただいた方には、Android/iPhoneの充電に便利なストラップになるUSBケーブルをプレゼント!

ご購入時に「商品レビューを書いてGET!」を選択していただき、レビュー書き込み時に、コメント欄の最後に、「ご注文番号」をご記入ください(レビュー掲載時には表示されません)。

※本体microUSB対応。Lightning、USBTYPE-C変換端子付き。※レビューの掲載は承認制です。無意味な文字列などの不適切な投稿は承認しませんのでご了承ください。 ※プレゼント内容は予告なく変更になる場合がございます。

ストラップになるUSBケーブルプレゼント
レビューを書く