AIRGUN.JP

エアガン.JP 定休:土・日 営業:10~18時

[KSC] P232 (中古)|エアガン.jp

[KSC] P232 (中古)

[KSC] P232 (中古)

※上の写真内容に関わらず、状態が"本体のみ"の商品には箱・説明書等は付属しません

在庫商品について

商品コード:849798150216-6-3

[KSC] P232 (中古)

販売価格[税込]12,980
ポイント 129Pt
在庫状況 (中古)残りあと1
通常価格:15,120円
購入選択 状態/販売価格[税込]

製品参考画像1

[KSC] P232 (中古)

製品参考画像2

[KSC] P232 (中古)

製品参考画像3

[KSC] P232 (中古)

製品参考画像4

[KSC] P232 (中古)

製品参考画像5

[KSC] P232 (中古)

製品参考画像6

[KSC] P232 (中古)

製品参考画像7

[KSC] P232 (中古)
1997年に実銃デビューの新バージョンを1年遅れでエアガン化。スライド、リアサイト、グリップの新規金型を製造して完全再現を実施した。スライドは滑り止めの溝の幅と本数、銃口下部の角が丸くなり、サイトは3点照準タイプに変更、グリップはデザィン一新した。現在、ABSモデル。


<実銃はこんな銃>
1977年にシグ社が開発した自動拳銃。 元々は西ドイツ警察の制式採用拳銃の候補として、主に私服警官や軍の高級将校の護身用、あるいは民間人のセルフディフェンス用として開発された銃である。 それまで中小型の自動拳銃はワルサーPP/PPKの独壇場であったが、コンパクトながら優れた重心バランスや握り易いグリップ、シンプルな構造などその性能が評価され、ワルサーPP/PPKに迫る勢いで普及した。外観は幾つかの変遷を経たものの、発表されて30年近く経つ今も生産が継続中である。 ただし、P230の名を持つモデルは現在ラインナップから外れ、現行モデルはマイナーチェンジが施されたP232へと更新されている。 日本ではSP(要人警護班)が制式採用している他、1990年代の半ば頃より、警察庁でもニューナンブに代わる制式採用拳銃として配備・調達が現在も継続中であり、機動捜査隊や警視庁SITの銃器はほぼ、このP230に更新されたようだ。仕様の相違としてはマニュアルセーフティと紛失・盗難防止用のランヤードリングの追加、.32ACPへの口径の変更があげられる。


<エアガンスペック>
全長169mm
重量370g
装弾12+1
初速N/A
システムガス・ブローバック
定価¥15120
  

この商品のレビュー

レビューを書いてGET!キャンペーン中

本商品のご購入後、このページに商品レビューを書いていただいた方には、Android/iPhoneの充電に便利なストラップになるUSBケーブルをプレゼント!

ご購入時に「商品レビューを書いてGET!」を選択していただき、レビュー書き込み時に、コメント欄の最後に、「ご注文番号」をご記入ください(レビュー掲載時には表示されません)。

※本体microUSB対応。Lightning、USBTYPE-C変換端子付き。※レビューの掲載は承認制です。無意味な文字列などの不適切な投稿は承認しませんのでご了承ください。 ※プレゼント内容は予告なく変更になる場合がございます。

ストラップになるUSBケーブルプレゼント
レビューを書く