中古電動ガン・ガスガン・モデルガン続々入荷中!

エアガン.jp


現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

商品カテゴリー

  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律

ログイン


友だち追加数


毎日の入荷商品や最新情報をケータイに直接お届け!
お問合せもLINEで対応できます!まずは友だち追加(´ε` )


遺品買取
ガラケー対応終了のお知らせ

ツイッターにて情報更新中!お買い得情報も掲載しますのでフォローしてください。

エアガン.jp Youtubeチャンネル

エアガン.jpチャンネルあります!ぜひぜひご視聴&登録を!

2022年1月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

[KSC] M11A1 システム7(07HK) (中古)

[KSC] M11A1 システム7(07HK) (中古)
写真は参考画像です。付属品などは状態の欄をご確認ください。
    商品コード:454543085013810351-6-46

    [KSC] M11A1 システム7(07HK) (中古)

    販売価格[税込]18,980
    ポイント189Pt
    在庫状況なし
    通常価格:21,600円
    只今売り切れです。高価買取します!是非お売りください。
    商品状態(各ランク表記)・付属品について
    [新品]新品の商品です。
    [未使用]ランクAA箱は開封されたりしていますが、使用はしていません。
    [中古]ランクAほとんど使っていない、室内使用のみの商品です。
    [中古]ランクB目立つ傷はありませんが、全体的に年数相応の外観です。
    [中古]ランクC屋外での使用や、使用感がありますが動作に問題の無い商品です。
    [未発火]モデルガン商品で、火薬による発火動作が行われていないものです。状態は上記に準じます。
    [本体のみ]パッケージなし、本体のみの商品です。ガン商品のマガジン・カートリッジは商品ごとの標準の数が付属します。
    状態の欄で付属品等について追加の表記がある場合、付属品等はそちらに準じます。

    製品詳細画像1

    ストック展開時。凄まじい連射速度で暴れる銃を制御する。
    [KSC] M11A1 システム7(07HK) (中古)

    製品詳細画像2

    外観については旧モデルから変更された点はない。ガスブローバックガンとして圧倒的な火力を誇るが唯一の欠点があるとすれば、2秒で全弾撃ち尽くしてしまうためスペアマガジンがたくさん欲しくなることくらいだろう。
    [KSC] M11A1 システム7(07HK) (中古)


    システム7エンジンの搭載により、フルオート・サイクルを劇的に進化させて再販された。従来品では別売だったマグネシウム・ボルトがさらに軽量化されて標準装備。その相乗効果によりさらにブローバックスピードが加速され発射音の切れ目が判別できないほど大迫力の仕上りとなっている。


    <エアガンインプレッション>
    マグネシウムボルトの搭載により、実銃同様といわれた非システム7よりもさらに発射サイクルが上がっている。発射音はほんとうに切れ目がなく、BB弾も繋がった線のように飛んで行くため、的撃ちや見通しの良い屋外で長距離射撃でもしない限り何発撃ったかは本当に分からない。ボルトの軽量化により、当然ながらリコイルショックは従来機に軍配が上がるが、超高速連射の爽快感とフィールドでの制圧力においてはこのガンに勝るものはそうそうないだろう。


    <実銃はこんな銃>
    1969年に、イングラムの経営していたSIONICE社で設計されたM10の小型モデル。設計後すぐに、社名がMACに変更されたため、M10と同様にMAC-11とも呼ばれ、大量生産はMACで行われた。イングラムM10をスケールダウンし、9mmx17弾(.380ACP弾)を使用できるように再設計された。サイズは大型ハンドガン並みとなり、ボルトの後退距離が短くなったことにより、ただでさえ速かった連射速度がさらに高速化され、操作性の悪さがM10以上となり、作動不良や排莢不良が連発するなどした。外見的にはM10そっくりで、サイズ以外ではリアサイトに開いている穴の数をで区別するしかない。M10には3つ、M11は1つの穴がある。それらの違い以外の基本的な特徴は全て、M10より引き継がれている。 軍用以外にもセミオートのみの市販モデルが存在し、民間に販売されている。しかし、初期の市販モデルは、シアー改造部品を組み込むことで容易にフルオート射撃が可能になるなどしたため、TEC-9同様に犯罪に多く用いられた。これにより、一時は販売すらままならなくなり、それ以降は改造がしにくよう、改良を施し再発売した。軍用モデルと同じく、サプレッサー用のネジが施されている。このネジには外見がほぼ同様のエクステンションバレルを装着することが可能で、オプションとして用いられた。しかし、市販品に減音効果を持たせるわけにはいかないため、銃声自体はさほど変化がない。そのため、放熱用の穴がいくつも開けるなどのしている。MAC社倒産後は、SWD社やCobray社が製造権を取得し、これら2社は独自の改良を加え、販売している。


    <店長のコメント>
    ついにシステム7を搭載し復活しました!小型軽量超高速と、サイドアームやバックアップに持てばかなりのアドバンテージになること間違いなしです!!



    <エアガンスペック>
    全長253mm
    重量1315g
    装弾数50
    初速N/A
    システムセミ・フルオートブローバック
    定価¥21000

    この商品に対するお客様の声

    新規コメントを書き込む