AIRGUN.JP

エアガン.JP 定休:土・日 営業:10~18時

[MGC] コルト ガバメント M1991A1 シリーズ'80 HW 発火モデルガン (中古)|エアガン.jp

[MGC] コルト ガバメント M1991A1 シリーズ'80 HW 発火モデルガン (中古)

[MGC] コルト ガバメント M1991A1 シリーズ'80 HW 発火モデルガン (中古)

※上の写真内容に関わらず、状態が"本体のみ"の商品には箱・説明書等は付属しません

在庫商品について

商品コード:034cgm978433009112344-6-10

[MGC] コルト ガバメント M1991A1 シリーズ'80 HW 発火モデルガン (中古)

販売価格[税込]25,480
ポイント 254Pt
在庫状況 (中古)残りあと1
通常価格:18,700円
購入選択 状態/販売価格[税込]

製品参考画像1

[MGC] コルト ガバメント M1991A1 シリーズ'80 HW 発火モデルガン (中古)

製品参考画像2

[MGC] コルト ガバメント M1991A1 シリーズ'80 HW 発火モデルガン (中古)

製品参考画像3

[MGC] コルト ガバメント M1991A1 シリーズ'80 HW 発火モデルガン (中古)

製品参考画像4

[MGC] コルト ガバメント M1991A1 シリーズ'80 HW 発火モデルガン (中古)

製品参考画像5

[MGC] コルト ガバメント M1991A1 シリーズ'80 HW 発火モデルガン (中古)

製品参考画像6

[MGC] コルト ガバメント M1991A1 シリーズ'80 HW 発火モデルガン (中古)

製品参考画像7

[MGC] コルト ガバメント M1991A1 シリーズ'80 HW 発火モデルガン (中古)

製品参考画像8

[MGC] コルト ガバメント M1991A1 シリーズ'80 HW 発火モデルガン (中古)

1991A1のモデルガンとしては、唯一のモデルアップ。
MGCが休業以前に発売した、最後のガバメントモデル。HW材で作られ、ズッシリとした重さを感じられる。
カートリッジ6発付属。


<実銃はこんな銃>
「大口径主義のアメリカ」の象徴とも云えるシングルアクション自動拳銃。
最初期の米軍採用モデルの制式名称は「Automatic Pistol, Caliber .45, Model of 1911(自動拳銃 .45口径 1911年型)」。
日本で最もよく知られる「コルトガバメント」の名称は、コルト社製の民間モデル「Colt Government Model(コルト社 政府モデル)」のことを差す。
その他にも様々な愛称があるが、各種クローンもひっくるめた総称としては「1911(ナインティーン・イレブン)」が使われる。
コルト純正のバリエーションとしてはフルサイズの5.1インチモデルの他、4.3インチモデルのコマンダー、3.5インチモデルのオフィサーズ、3インチモデルのディフェンダーがある。
天才銃工と名高いジョン・ブローニングの設計が基本となっており、コルト社での改良によって、シンプルで信頼性が高く、バランスの取れた完成度の高い銃となった。
ブローニングが発明したティルトバレルロックによるショートリコイルは多少形を変えながらも今もなお自動拳銃のスタンダードであり続け、ハンマーをコック状態にして掛ける「コック&ロック」が可能なサムセイフティは、熟練が必要ながら即応性と安全性を両立したメカニズムとして評価されている。
また、近年では珍しくなったグリップセイフティや、今の目からすると最小限といえるくらい小ぶりな排莢口やトリガーガードなど、設計の古さを残しながらも、その外観は今もなお人気を集める。
現代オートのお手本、源流である。


<モデルガンスペック>
全長217mm
重量740g
装弾数7+1
システム発火7キャップ/セミオート・ブローバック
定価¥18360

この商品のレビュー

レビューを書いてGET!キャンペーン中

本商品のご購入後、このページに商品レビューを書いていただいた方には、Android/iPhoneの充電に便利なストラップになるUSBケーブルをプレゼント!

ご購入時に「商品レビューを書いてGET!」を選択していただき、レビュー書き込み時に、コメント欄の最後に、「ご注文番号」をご記入ください(レビュー掲載時には表示されません)。

※本体microUSB対応。Lightning、USBTYPE-C変換端子付き。※レビューの掲載は承認制です。無意味な文字列などの不適切な投稿は承認しませんのでご了承ください。 ※プレゼント内容は予告なく変更になる場合がございます。

ストラップになるUSBケーブルプレゼント
レビューを書く