AIRGUN.JP

エアガン.JP 定休:土・日 営業:10~18時

[KSC] Cz75 ファースト ディープブルー (中古)|エアガン.jp

[KSC] Cz75 ファースト ディープブルー (中古)

[KSC] Cz75 ファースト ディープブルー (中古)

※上の写真内容に関わらず、状態が"本体のみ"の商品には箱・説明書等は付属しません

在庫商品について

商品コード:4544416017512-6-10

[KSC] Cz75 ファースト ディープブルー (中古)

販売価格[税込]19,780
ポイント 197Pt
在庫状況 なし
只今売り切れです。高価買取します!是非お売りください。

製品参考画像1

[KSC] Cz75 ファースト ディープブルー (中古)

製品参考画像2

[KSC] Cz75 ファースト ディープブルー (中古)

製品参考画像3

[KSC] Cz75 ファースト ディープブルー (中古)
ボディの表面に特殊コーティングを施し、金属のような光沢を出すことにチャレンジしたKSCの意欲作。その美しさのために使用が憚られてしまうのではないかと危惧したKSCは、この後マットブラック仕上げを発売する。

<エアガンインプレッション>
その名のとおり深いブルーの光沢がすばらしい。ABSのフレームでありながらこれほど光沢がさせるのかと関心してしまう。コック&ロックのダブルアクションハンマーやファイアリングピン後端のルックスなど、細部もリアリティにこだわって造りこまれている。

<実銃はこんな銃>
 FN ハイパワーやシグ P210を参考に、1975年にチェコスロバキアの国営銃器工場が開発した自動拳銃。「CZ」の名は、esk Zbrojovka/チェスカー・ゾブロヨフカ(チェコスロヴァキア国営銃器工廠)の頭文字から。 実戦向きなコック&ロック*1可能なセイフティや、命中精度の高さもさる事ながら、人間工学を考慮したグリップは『まるで手に吸い付くよう』と評された。特にアメリカでは、シューティング競技の権威であるジェフ・クーパーがコルト.45を選ばず、本銃に「(もしこれが.45ACPであったなら)世界最高のコンバットオートである」という高い評価を与えた事で、世界有数の名銃として人気が高騰した。 CZ75の前期モデルは、非常に硬いスチールからの削り出しによる、高精度な作りであった。また旧共産圏の銃であるため西側での流通量が少なかったことと、仕上げの美しさから、現在もコレクターの間では高値で取り引きされている。 ただ、後期型と比べて特段優れているわけではないとも言われている。硬い素材はいっぽうで弾性に欠け、スライド前部が薄くクリアランスもタイトだったため、衝撃による僅かな歪みも復元されにくく、塵芥の侵入で作動に不具合を起こす問題があった。 また削り出し加工ゆえの生産効率の低さもあって、後期モデルからは生産性の高いロストワックス製法(インベスティメントキャスト)が採り入れられた。さらにフレームは噛み合わせが前方に延長され、ハンマーにハーフコックポジションが追加された。 しかし、生産の省力化によって仕上げが荒れたことから、後期モデルはマニアの間では評価を落としてしまっている。ただ、一般市場での反応は上々だったようで、CZ社は民営化後も後期モデルを基本に現行モデルを開発している。後期モデルは鉄の品質が落とされたため、強度を保つためにフレームが延長されたという説もあるが、真偽は怪しいようだ。[MEDIA GUNDATABASE]


<店長のコメント>
これまでトイガン化したメーカー自体が非常に少ないこともありますが、KSC製がもっともよく出来ています。



<エアガンスペック>
全長206mm
重量735g
装弾数26+1
初速N/A
システムセミ・ダブルアクションブローバック
定価¥23000

この商品のレビュー

レビューを書いてGET!キャンペーン中

本商品のご購入後、このページに商品レビューを書いていただいた方には、Android/iPhoneの充電に便利なストラップになるUSBケーブルをプレゼント!

ご購入時に「商品レビューを書いてGET!」を選択していただき、レビュー書き込み時に、コメント欄の最後に、「ご注文番号」をご記入ください(レビュー掲載時には表示されません)。

※本体microUSB対応。Lightning、USBTYPE-C変換端子付き。※レビューの掲載は承認制です。無意味な文字列などの不適切な投稿は承認しませんのでご了承ください。 ※プレゼント内容は予告なく変更になる場合がございます。

ストラップになるUSBケーブルプレゼント
レビューを書く
  • 2018/01/26 投稿者:海坊主 おすすめレベル:★★★★

    高価な素材のショートレイルの実物は、実はこの色調のみ。

    実物のショートレイルには上質な超硬素材に、独特の表面コートが施されており、実はこの製品の様な仕上げのみのラインナップです。 エンジンも旧タイプなのでシステム7特有の不具合も発生しにくく、元々樹脂で再現するには樹脂の限界強度スレスレに成らざるを得ないショートレイルとしては、最もバランス良く造られている製品です。