AIRGUN.JP

エアガン.JP 定休:土・日 営業:10~18時

[KSC] グロック18C レイルドフレーム フル/セミオート 旧パッケージ (中古)|エアガン.jp

[KSC] グロック18C レイルドフレーム フル/セミオート 旧パッケージ (中古)

[KSC] グロック18C レイルドフレーム フル/セミオート 旧パッケージ (中古)

※上の写真内容に関わらず、状態が"本体のみ"の商品には箱・説明書等は付属しません

在庫商品について

商品コード:4544416011800old-5-13

[KSC] グロック18C レイルドフレーム フル/セミオート 旧パッケージ (中古)

販売価格[税込]6,980
ポイント 69Pt
在庫状況 なし
通常価格:19,980円
只今売り切れです。高価買取します!是非お売りください。

製品詳細画像

[KSC] グロック18C レイルドフレーム フル/セミオート 旧パッケージ (中古)

製品詳細画像2

[KSC] グロック18C レイルドフレーム フル/セミオート 旧パッケージ (中古)

製品詳細画像3

[KSC] グロック18C レイルドフレーム フル/セミオート 旧パッケージ (中古)
ポリマーフレームで有名なグロックシリーズのうち、フルオート射撃可能なのがグロック18である。18Cは反動を抑えるスライド上部のコンペンセイターが特徴。フルオート時の衝撃はまさに破壊的。 スライドにもグロック刻印が入っている。


<エアガンインプレッション>
ガスを装填して射撃してみるとリコイルスピードはとても早くボスッ ボスッとセミオートで小気味よく撃てる。セレクターレバーをフルのポジションに切り替えるとそれまでのものとは一変し凶暴といっても過言ではないほどハイスピードでブローバックし手の中で暴れまわる。さすがにショートマガジンではフルオートで撃ち続けると最後のほうはパワーダウンが否めないが それはバースト射撃にすればいいだけのことであり、この爽快感をスポイルするものではない。


<実銃はこんな銃>
1980年代初頭プラスチックメーカーであったグロック社が開発。プラスチック素材を使用するという異端児であったが、その性能の高さを見せつけオーストラリア軍正式採用拳銃となった。当初はおもちゃっぽい外観が嫌われ受けなかったが、トリガーに採用されているような優れた安全機構と軽量さが次第にこの銃を有名にしていった。スライド部分は鋼鉄製で、フレームはポリマー樹脂なのでフレームのほうが重量的に重くなるが、それがリコイルショックを低減し45ACPなどのパワーでも連続発射を容易にしている。これまた映画などでX線検査を通過し、飛行機内に持ち込めるなどのうわさがあるが、バレルやスライドなどはもちろん金属性なので思いっきり引っかかる。


<店長のコメント>
G18Cはハンドガンながらフルオート射撃が可能です。これはある意味サブマシンガンより面白いですね!



<エアガンスペック>
全長202mm
重量670g
装弾数23+1
初速N/A
システムセミ・フル・シングルアクションブローバック
定価¥18500
"

この商品のレビュー

レビューを書いてGET!キャンペーン中

本商品のご購入後、このページに商品レビューを書いていただいた方には、Android/iPhoneの充電に便利なストラップになるUSBケーブルをプレゼント!

ご購入時に「商品レビューを書いてGET!」を選択していただき、レビュー書き込み時に、コメント欄の最後に、「ご注文番号」をご記入ください(レビュー掲載時には表示されません)。

※本体microUSB対応。Lightning、USBTYPE-C変換端子付き。※レビューの掲載は承認制です。無意味な文字列などの不適切な投稿は承認しませんのでご了承ください。 ※プレゼント内容は予告なく変更になる場合がございます。

ストラップになるUSBケーブルプレゼント
レビューを書く