AIRGUN.JP

エアガン.JP 定休:土・日 営業:10~18時

[WA] M1911A1 地獄の黙示録/キルゴア・モデル リアルスチール・フィニッシュ 色落ち小 (訳あり)|エアガン.jp

[WA] M1911A1 地獄の黙示録/キルゴア・モデル リアルスチール・フィニッシュ 色落ち小 (訳あり)

[WA] M1911A1 地獄の黙示録/キルゴア・モデル リアルスチール・フィニッシュ 色落ち小 (訳あり)

※上の写真内容に関わらず、状態が"本体のみ"の商品には箱・説明書等は付属しません

在庫商品について

商品コード:WAgM1911ANRS-136-13

[WA] M1911A1 地獄の黙示録/キルゴア・モデル リアルスチール・フィニッシュ 色落ち小 (訳あり)

販売価格[税込]48,980
ポイント 489Pt
在庫状況 (訳あり)残りあと1
購入選択 状態/販売価格[税込]

製品詳細画像1

[WA] M1911A1 地獄の黙示録/キルゴア・モデル リアルスチール・フィニッシュ 色落ち小 (訳あり)

製品詳細画像2

[WA] M1911A1 地獄の黙示録/キルゴア・モデル リアルスチール・フィニッシュ 色落ち小 (訳あり)

製品詳細画像3

[WA] M1911A1 地獄の黙示録/キルゴア・モデル リアルスチール・フィニッシュ 色落ち小 (訳あり)

製品詳細画像4

[WA] M1911A1 地獄の黙示録/キルゴア・モデル リアルスチール・フィニッシュ 色落ち小 (訳あり)

製品詳細画像5

[WA] M1911A1 地獄の黙示録/キルゴア・モデル リアルスチール・フィニッシュ 色落ち小 (訳あり)

製品詳細画像6

[WA] M1911A1 地獄の黙示録/キルゴア・モデル リアルスチール・フィニッシュ 色落ち小 (訳あり)

製品詳細画像7

[WA] M1911A1 地獄の黙示録/キルゴア・モデル リアルスチール・フィニッシュ 色落ち小 (訳あり)

製品詳細画像8

確認しずらいですが、黒染が落ちて白っぽくなっています。

[WA] M1911A1 地獄の黙示録/キルゴア・モデル リアルスチール・フィニッシュ 色落ち小 (訳あり)
一部パーツの黒染がはがれて白っぽくなっています、そのほか問題一切なし!
主にグリップ周りの金属パーツの黒染が少し落ちて白っぽくなっています。
詳細は画像を参照してください。

WA【コルト】M1911A1<地獄の黙示録/キルゴア・モデル> リアルスチール・フィニッシュ
フランシス・フォード・コッポラ監督による戦争巨編「地獄の黙示録」劇中にて登場した、陸軍第一騎兵師団ビル・キルゴア中佐が使用するモデルをイメージし、デラックス仕様で登場!
表面仕上は、究極の鉄肌再現にチャレンジした"リアルスチール・フィニッシュ"。丁寧な下処理/黒染め、しかる後に行われるポリッシュにより、モデル全体が非常に表情豊かな…あたかも鋼のような…質感へと変貌を遂げています。
他のビンテージ仕上で重要視されている「使い込まれた風合いを再現する」ことを目的とせず、「樹脂を使用して金属的な風合いを再現する」ことに重点を置いた仕上げです。

真鍮製のアウターバレルには、ブラックニッケルメッキを施した物を使用。
重量感はもとより、ボディカラーにも絶妙にマッチしています。
エッジ部分のみでなく全体をポリッシュしてあるので、黒い部分も表情豊かで美しい仕上がり。
操作系パーツはフルチェッカーの滑り止めが設けられています。

そして!一番の見所は米国の老舗実銃用グリップメーカーAJAX社製のパーライトグリップ!伊達者"ビル・キルゴア中佐"らしさあふれる、傾いた仕様を完全再現。
美しいマーブル模様と光沢をもつ、AJAX社製パーライトグリップが、無骨なスタイルのボディに絶妙にマッチ。
1979年のカンヌ国際映画祭において最優秀作品に与えられるパルムドールを獲得し、同年米国のアカデミー賞で作品賞を含む8部門にノミネートした戦争巨編に登場した
陸軍第一騎兵師団の中佐仕様のM1911A1が、リアルな鉄肌再現"リアルスチール・フィニッシュ"×AJAX社製パーライトグリップというデラックスなコンビネーションで堂々登場!
手にしたとたん、ワルキューレの騎行鳴り響きます!

<実銃はこんな銃>
1911年にアメリカ軍に制式採用され、軍用拳銃としての制式名称「M1911」、のちに1926年に改良が加えられたものは「M1911A1」を与えられた。その後1985年、後継となるベレッタM92Fが制式採用されるまで、実に70年以上にわたってアメリカ軍の制式拳銃であった。今なお、一部の特殊部隊では改造されつつ使用され続けている。 .45ACP(.45Auto Colt Pistol)という大口径弾を使用するこのモデルは、ストッピング・パワーの高さによって信頼された。軍用のM1911およびM1911A1の口径は.45ACP、装弾数はシングル・カラム・マガジンによる7+1発であるが、その後の民間でのバリエーション展開によって数々の口径に対応したバージョンが発売された。 現在も.45ACP仕様が殆どであるが、競技用モデルには.38スーパー仕様が存在する。 現代の自動拳銃に広く用いられるティルトバレル式ショートリコイル機構の完成系であり、20世紀における世界各国での自動拳銃開発に対し、非常に大きな影響を与え「大型自動拳銃の形を決定付けた銃」と言える。 誕生以来大半のパーツの設計が変わっておらず、非常に豊富なカスタムパーツが存在し、改造しやすい銃である。

この商品のレビュー

レビューを書いてGET!キャンペーン中

本商品のご購入後、このページに商品レビューを書いていただいた方には、Android/iPhoneの充電に便利なストラップになるUSBケーブルをプレゼント!

ご購入時に「商品レビューを書いてGET!」を選択していただき、レビュー書き込み時に、コメント欄の最後に、「ご注文番号」をご記入ください(レビュー掲載時には表示されません)。

※本体microUSB対応。Lightning、USBTYPE-C変換端子付き。※レビューの掲載は承認制です。無意味な文字列などの不適切な投稿は承認しませんのでご了承ください。 ※プレゼント内容は予告なく変更になる場合がございます。

ストラップになるUSBケーブルプレゼント
レビューを書く