AIRGUN.JP

エアガン.JP 定休:土・日 営業:10~18時

[PPS] PP-19 BIZON トップフォールディング ストックタイプ AEG (新品取寄)|エアガン.jp

[PPS] PP-19 BIZON トップフォールディング ストックタイプ AEG (新品取寄)

[PPS] PP-19 BIZON トップフォールディング ストックタイプ AEG (新品取寄)

※上の写真内容に関わらず、状態が"本体のみ"の商品には箱・説明書等は付属しません

▶必読▷取寄商品について

商品コード:PPS008-164-130

[PPS] PP-19 BIZON トップフォールディング ストックタイプ AEG (新品取寄)

販売価格[税込]24,980
ポイント 249Pt
在庫状況 (新品)取寄近日
通常価格:29,700円
購入選択 状態/販売価格[税込]

製品参考画像1

[PPS] PP-19 BIZON トップフォールディング ストックタイプ AEG (新品取寄)

製品参考画像2

[PPS] PP-19 BIZON トップフォールディング ストックタイプ AEG (新品取寄)

製品参考画像3

[PPS] PP-19 BIZON トップフォールディング ストックタイプ AEG (新品取寄)

製品参考画像4

[PPS] PP-19 BIZON トップフォールディング ストックタイプ AEG (新品取寄)

製品参考画像5

[PPS] PP-19 BIZON トップフォールディング ストックタイプ AEG (新品取寄)

製品参考画像6

[PPS] PP-19 BIZON トップフォールディング ストックタイプ AEG (新品取寄)

製品参考画像7

[PPS] PP-19 BIZON トップフォールディング ストックタイプ AEG (新品取寄)

製品参考画像8

[PPS] PP-19 BIZON トップフォールディング ストックタイプ AEG (新品取寄)

製品参考画像9

[PPS] PP-19 BIZON トップフォールディング ストックタイプ AEG (新品取寄)

製品参考画像10

[PPS] PP-19 BIZON トップフォールディング ストックタイプ AEG (新品取寄)
独特な「スパイラル・マガジン」が最大の特徴。PP-19 BIZONを再現した電動ガン
既存の他社製電動ガンは、AKSタイプのサイドフォールディングストックタイプを再現していましたが、この製品は通称BIZON3とされる、レシーバートップに折り畳まれる方式を再現。
外装の大半は金属で作られており、リアリティ溢れる仕上がり。
内部機構は、セミ/フルオート切り替え式、可変ホップアップ採用と、標準的な仕様。
円筒形のマガジンは、給弾用ゼンマイをワイヤーを引っ張る事で巻き上げる通称「フラッシュマガジン」方式で、なおかつ自重落下式ではなくマガジンの先から手前に向けてスプリングでテンションをかける構造で、約550発の装弾数となっている。
バッテリーコネクタ:ミニ
バッテリー配線はハンドガード内

<実銃はこんな銃>
ロシアのイズマッシュ社が1993年に軍・法的機関向けとして開発した短機関銃。
パーツの大半はAKS74の物と共用化されているため整備性が高く、
ストックは折り畳み可能なので携帯性も高い。
そして最大の特徴である銃前部に取り付けられたヘリカル(螺旋状)マガジンは、
9mmx18マカロフ弾を64発装填可能と大容量。
減音器も装着可能であり、
ロシアの特殊部隊向け短機関銃として「PP-19(ПП-19)」の名前で装備されている。
しかし、ヘリカルマガジンはマガジンチェンジなど取り扱いが難しい事から、
近年になってよりトラディショナルなボックスマガジンを用いる改良モデルも登場しており、
こちらは海外への売り込みも積極的に行われているようだ。
現在はマイナーチェンジを受けた『ビゾン2(Бизон2)』が生産されており、
バレルが若干延長されたほか、バレルジャケット周りのデザインが変更されている。
また、減音器を標準装備したビゾン2-03や、
民間向けのセミオートモデル(ビゾン2-04〜06)もラインナップされているようだ。

なお本銃はイズマッシュ社のビクトル・カラシニコフ技師とアレクセイ・ドラグノフ技師の共同開発だが、
ビクトル・カラシニコフ技師はAK47の開発者ミハイル・カラシニコフの息子。
そしてアレクセイ・ドラグノフ技師は、
ドラグノフの開発者であるエヴィジェニー・F・ドラグノフの息子である。



<エアガンスペック>
全長約470mm〜690mm
重量約2900g
装弾数550発
初速86m/s
システム
定価¥オープン
※バッテリーと充電器は別売です。

※マガジンはBB弾を十分な量を入れていないとゼンマイの巻き上げが出来ません。また、給弾口のBB弾ストッパーが確実でない為、マガジンを本体に装着した状態での給弾作業をおススメ。
※マガジンキャッチが、他社製品や実銃のように深くかかりません。マガジンキャッチの先端が大体真下を向いた状態が仕様上の正しい位置です。加工により深くかかる様に出来ますが、マガジンの取り外しがしにくくなる。
※ストックを折りたたむと、ストックの先端がリアサイトを押し上げる状態になる場合があります。
※ハンドガードにガタつきが有りますが、バッテリーを収納した状態で多少マシに。
※ホップアップ調整レバーの固定が安定していません。

この商品のレビュー

レビューを書いてGET!キャンペーン中

本商品のご購入後、このページに商品レビューを書いていただいた方には、Android/iPhoneの充電に便利なストラップになるUSBケーブルをプレゼント!

ご購入時に「商品レビューを書いてGET!」を選択していただき、レビュー書き込み時に、コメント欄の最後に、「ご注文番号」をご記入ください(レビュー掲載時には表示されません)。

※本体microUSB対応。Lightning、USBTYPE-C変換端子付き。※レビューの掲載は承認制です。無意味な文字列などの不適切な投稿は承認しませんのでご了承ください。 ※プレゼント内容は予告なく変更になる場合がございます。

ストラップになるUSBケーブルプレゼント
レビューを書く