AIRGUN.JP

エアガン.JP 定休:土・日 営業:10~18時

[KTW] 馬上筒 (新品)|エアガン.jp

[KTW] 馬上筒 (新品)

[KTW] 馬上筒 (新品)

※上の写真内容に関わらず、状態が"本体のみ"の商品には箱・説明書等は付属しません

在庫商品について

商品コード:457183521018-8-15

[KTW] 馬上筒 (新品)

販売価格[税込]88,800
SALE!!
79,800
2022/07/22更新
ポイント 798Pt
在庫状況 なし
通常価格:107,800円
只今売り切れです。高価買取します!是非お売りください。

製品詳細画像1

[KTW] 馬上筒 (新品)

製品詳細画像2

[KTW] 馬上筒 (新品)

製品詳細画像3

[KTW] 馬上筒 (新品)

製品詳細画像4

[KTW] 馬上筒 (新品)

製品詳細画像5

[KTW] 馬上筒 (新品)

製品詳細画像6

[KTW] 馬上筒 (新品)
KTWの新作!馬に乗って撃つ騎兵仕様のタネガシマ、それが馬上筒(ばじょうづつ)!
仕様:6mmBB
インナーバレル長:471mm
材質:真鍮、アルミ、鉄、亜鉛合金、木

<実銃はこんな銃>
543年、種子島に漂着したポルトガル船が初めて日本に伝えた鉄砲伝来説は、新説ではそれより前に倭寇が東南アジアから日本に持ってきていたとされていますが、いずれにしろ、日本で初めて鉄砲製造に挑戦し、成功したのは種子島の鍛冶職人でした。これを商人が各地に広め、以後、鉄砲はタネガシマと呼ばれるようになります。ここで鉄砲鍛冶という新しい職業が生まれ、それに付随して、砲術師という職業も現れます。砲術師は鉄砲の扱い方・製造法、火薬の製法・調合法を研究熟知し、それぞれの流派を名乗り全国の大名に売り込みました。世は戦国時代です。天下を狙う大名は、鉄砲鍛冶集団と火薬入手ルートを確保している砲術師を競って招き入れました。
集団で鉄砲を製造する地として瞬く間に大きくなったのが近江の国友と和泉の堺でした。この2大生産地を軸として全国各地の鉄砲生産数はすさまじい勢いで増え、当時布教活動をしていた宣教師が「10万挺を超える」とイエズス会を通して世界に伝えています。太平の世になってからも造り続けられた鉄砲は、各流派、各生産地、各職人によってさまざまな形状や機構で進化していき、マッチロック(火縄銃)では世界最高レベルに達しました。


<エアガンスペック>
全長1110mm
重量1920g
装弾数53
初速N/A
システムアンダーレバー式エアーコッキング
定価¥98000


この商品のレビュー

レビューを書いてGET!キャンペーン中

本商品のご購入後、このページに商品レビューを書いていただいた方には、Android/iPhoneの充電に便利なストラップになるUSBケーブルをプレゼント!

ご購入時に「商品レビューを書いてGET!」を選択していただき、レビュー書き込み時に、コメント欄の最後に、「ご注文番号」をご記入ください(レビュー掲載時には表示されません)。

※本体microUSB対応。Lightning、USBTYPE-C変換端子付き。※レビューの掲載は承認制です。無意味な文字列などの不適切な投稿は承認しませんのでご了承ください。 ※プレゼント内容は予告なく変更になる場合がございます。

ストラップになるUSBケーブルプレゼント
レビューを書く