AIRGUN.JP

エアガン.JP 定休:土・日 営業:10~18時

[VFC/CAR] XM177E2/Mod629 ガスブローバック COLT刻印マガジン付 (中古)|エアガン.jp

[VFC/CAR] XM177E2/Mod629 ガスブローバック COLT刻印マガジン付 (中古)

[VFC/CAR] XM177E2/Mod629 ガスブローバック COLT刻印マガジン付 (中古)

※上の写真内容に関わらず、状態が"本体のみ"の商品には箱・説明書等は付属しません

在庫商品について

  • 限定品
商品コード:VFCDNAXM177-6-3

[VFC/CAR] XM177E2/Mod629 ガスブローバック COLT刻印マガジン付 (中古)

販売価格[税込]129,800
ポイント 1298Pt
在庫状況 なし
通常価格:159,800円
只今売り切れです。高価買取します!是非お売りください。

製品詳細画像

[VFC/CAR] XM177E2/Mod629 ガスブローバック COLT刻印マガジン付 (中古)

製品詳細画像

スチール製で重みのあるフラッシュハイダー。
[VFC/CAR] XM177E2/Mod629 ガスブローバック COLT刻印マガジン付 (中古)

製品詳細画像

[VFC/CAR] XM177E2/Mod629 ガスブローバック COLT刻印マガジン付 (中古)

製品詳細画像

[VFC/CAR] XM177E2/Mod629 ガスブローバック COLT刻印マガジン付 (中古)

製品詳細画像

[VFC/CAR] XM177E2/Mod629 ガスブローバック COLT刻印マガジン付 (中古)

製品詳細画像

[VFC/CAR] XM177E2/Mod629 ガスブローバック COLT刻印マガジン付 (中古)

製品詳細画像

[VFC/CAR] XM177E2/Mod629 ガスブローバック COLT刻印マガジン付 (中古)

製品詳細画像

[VFC/CAR] XM177E2/Mod629 ガスブローバック COLT刻印マガジン付 (中古)

製品詳細画像

[VFC/CAR] XM177E2/Mod629 ガスブローバック COLT刻印マガジン付 (中古)

製品詳細画像

[VFC/CAR] XM177E2/Mod629 ガスブローバック COLT刻印マガジン付 (中古)
完全限定生産! 台湾エアガンメーカーCAR(Classic Archetype Rifle)とVFCのコラボレーションによって誕生した最高水準のガスブローバックライフル!
VFC M4 GBBRシステム搭載で迫力の実射フィーリング。


【商品詳細
】 ・フルCNC削り出し鍛造レシーバー
・スチールアウターバレル
・スチールボルトキャリアー
・スチールフロントサイト
・リアルサイズキャリングハンドル
・リアルサイズトリガーガード
・リアルサイズイジェクションポートカバー
・第二世代コラプシブルストック
(アルミ合金製)
・フルフェンスロアーレシーバー
・イジェクションポートフロントプルーフマーク
・レプリケートマーキング
・ティアドロップフォワードアシスト
・シングルヒートシールドカービンハンドガード
・11.5inchバレル
・4.5inchモデレーター
・VFC M4 Ver.3 GBBRシステム
・COLTマーキングマガジン仕様


<実銃はこんな銃>
XM177E1/E2は、ベトナム戦争中、アメリカ陸軍が特殊部隊向けに限定配備した突撃銃である。当時、アメリカ軍SOG(Special Operations Group)などの特殊部隊は、任務の性格上、M16の様な全長の長い銃では取り回しが悪いため、より小型のライフルを要望した。そこでコルト社が用意したのが、M16をベースに全長を切り詰めた「M607 CAR-15 Submachine Gun (SMG)」と呼ばれるモデルである。M607は「GX5857(Gun Experimental 5857)」の名称を与えられ、米軍特殊部隊によってテストされた。しかし、銃身長を半分にまで切り詰めたこのモデルは、激し過ぎる発砲音やマズルフラッシュなど、必要とされる特殊作戦にはむしろ極めて不向きという欠点を有していた。そこでコルト社は、長く大型のフラッシュハイダーを装備させることでこの問題の解決を図った。このモデルは「M609 CAR-15 Commando」と呼ばれ、現在のものに近い伸縮式ストックと、リブつきの円形ハンドガードを有していた。スタイル面でいえばM16系ショートモデルのスタンダードを築いたモデルであろう。1966年、アメリカ陸軍はこのモデルにテストナンバーの“X”ナンバーを与えて試験採用した。これが「XM177E1」である。XM177の仮名称は、戦後も名前が定着したのか、改良版のE2登場後もそのまま公称となった。 一方、アメリカ空軍では本銃を、エアクルーの護身用サバイバルガンとして「GAU-5A」の名で制式採用している。後に、戦場で得たデータをもとに、銃身の延長やコルト製XM148グレネードランチャーを取り付け可能とするなどの改良が加えられた「XM177E2」が登場し、四半世紀後の湾岸戦争でも特殊部隊の隊員達が使用している(その後はM727やM4に更新されている)。余談だが、「CAR-15(カー・フィフティーン)」の名称は、「Colt Automatic Rifle-15」の略称であり、コルト社が自社製AR15ファミリーを、アーマライトの元祖AR15との差別化を図るために名付けたものである。しかし、どういうわけか(今ではM4登場以前の)M16系カービンの総称として使われている。


 
<エアガンスペック>
全長約760/840mm
重量約2800g
装弾数20
初速-
システムガスブローバック
定価159,800

この商品のレビュー

レビューを書いてGET!キャンペーン中

本商品のご購入後、このページに商品レビューを書いていただいた方には、通常の5倍ポイントをプレゼント!

ご購入時に「商品レビューを書いてGET!」を選択していただき、レビュー書き込み時に、コメント欄の最後に、「ご注文番号」をご記入ください(レビュー掲載時には表示されません)。

※通常のポイントを付与した後、レビューの掲載後に通常獲得できるポイント4倍のポイントを付与する事で5倍といたします。※レビューの掲載は承認制です。無意味な文字列などの不適切な投稿は承認しませんのでご了承ください。 ※プレゼント内容は予告なく変更になる場合がございます。

レビューを書く