AIRGUN.JP

エアガン.JP 定休:土・日 営業:10~18時

[VIVA ARMS/ROCK] ブルーノ ZB26 /ZB Vz.26軽機関銃 リアルウッド電動ガン (中古)|エアガン.jp

[VIVA ARMS/ROCK] ブルーノ ZB26 /ZB Vz.26軽機関銃 リアルウッド電動ガン (中古)

[VIVA ARMS/ROCK] ブルーノ ZB26 /ZB Vz.26軽機関銃 リアルウッド電動ガン (中古)

※上の写真内容に関わらず、状態が"本体のみ"の商品には箱・説明書等は付属しません

在庫商品について

商品コード:VIVAARMSZB26-5-53

[VIVA ARMS/ROCK] ブルーノ ZB26 /ZB Vz.26軽機関銃 リアルウッド電動ガン (中古)

販売価格[税込]59,800
ポイント 598Pt
在庫状況 なし
通常価格:121,000円
只今売り切れです。高価買取します!是非お売りください。

製品詳細画像

[VIVA ARMS/ROCK] ブルーノ ZB26 /ZB Vz.26軽機関銃 リアルウッド電動ガン (中古)

製品詳細画像2

[VIVA ARMS/ROCK] ブルーノ ZB26 /ZB Vz.26軽機関銃 リアルウッド電動ガン (中古)

製品詳細画像3

[VIVA ARMS/ROCK] ブルーノ ZB26 /ZB Vz.26軽機関銃 リアルウッド電動ガン (中古)

製品詳細画像4

[VIVA ARMS/ROCK] ブルーノ ZB26 /ZB Vz.26軽機関銃 リアルウッド電動ガン (中古)

製品詳細画像5

[VIVA ARMS/ROCK] ブルーノ ZB26 /ZB Vz.26軽機関銃 リアルウッド電動ガン (中古)

製品詳細画像6

[VIVA ARMS/ROCK] ブルーノ ZB26 /ZB Vz.26軽機関銃 リアルウッド電動ガン (中古)

製品詳細画像7

[VIVA ARMS/ROCK] ブルーノ ZB26 /ZB Vz.26軽機関銃 リアルウッド電動ガン (中古)

製品詳細画像

[VIVA ARMS/ROCK] ブルーノ ZB26 /ZB Vz.26軽機関銃 リアルウッド電動ガン (中古)

製品詳細画像

スペアマガジン+2本と専用革ケース

[VIVA ARMS/ROCK] ブルーノ ZB26 /ZB Vz.26軽機関銃 リアルウッド電動ガン (中古)

製品詳細画像

スペアマガジン+2本と専用革ケース

[VIVA ARMS/ROCK] ブルーノ ZB26 /ZB Vz.26軽機関銃 リアルウッド電動ガン (中古)
スペアマガジン+2本と専用革ケース付属!

ブルーノZB vz.26軽機関銃は、チェコ陸軍が1923年に新軽機関銃の要求仕様を確定し 1926年にブルーノZB vz.26軽機関銃としてチェコスロバキア陸軍に制式採用された軽機関銃です。


銃自体(実銃)の重量は約8.9 kgと他国の軽機関銃と比べ若干軽量で、 ガス圧作動方式を採用し、小銃弾(7.92 mm×57モーゼル弾)をそのまま使用可能。

銃身自体も300発ほどなら無交換で使用できまた銃身にはキャリングハンドルが付属しているため、 これを使って過熱した銃身の交換作業も容易に行う事ができたらしい
そしてZB26軽機関銃の最大の特徴は、「壊れにくい」事にあったようで
当時の他国製の機関銃と比べ、ZB26軽機関銃の機関部などの故障の少なさは驚くべきものであった。

高性能で価格も安いZB26軽機関銃は瞬く間に各国に知られるところとなり、
多くの国から輸出の引き合いがあった歴史のあるモデルです。

■マガジン 500発
■重量 約 5500g
■全長 1170mm
■バッテリー ミニバッテリー(ストック内収納)
■コネクタ形状 ミニ
■材質 アルミ/スチール/リアルウッド
■フルオート
■ホップアップ機能搭載
初速 約86m/s
■メーカー小売希望価格\110,000(税抜)
※海外製品の為、入荷時にストックなどにキズ等があります。また説明書は付属しません。


<エアガンインプレッション>
全長約1.2mもあり、実際に見た時の迫力がすごい。持っても5.5kgとかなりの重量であり、これだけの存在感を放ちながらこの価格帯ならとても安いと思えるほど。


<実銃はこんな銃>
第一次世界大戦中、各国の軍隊は軽機関銃を「威力の弱い妥協の産物」としか見ていなかった。当初の軽機関銃はありものの臨時採用(ルイス)、重機関銃の軽量化(MG08/15)、量産性は優れるが作動が不安定なもの(ショーシャmle1915)等で、必ずしも満足できる性能であるとは言い難かった。しかし戦訓を検討するにつれ、可搬性が高く歩兵分隊に随伴でき、コンパクトで容易に射撃位置につけられ、戦闘での即応性に優れる軽機関銃は、もはや近代的な歩兵戦闘に不可欠な存在であることは明かだった。
これに伴い、各国の軍隊では第一次大戦中から本格的に軽機関銃の研究開発を開始、大戦末期のアメリカ軍のブローニングM1918A1 BARに始まり、1920年代には日本で十一年式軽機関銃、フランスでFM mle1924/29軽機関銃、ソ連でもDP28軽機関銃が制式化されるなど一気に軽機関銃の採用ラッシュが始まった。
チェコスロバキアもこの趨勢に従い、軽機関銃の開発・生産を盛んに行った。
背景には二つの動機があった。一つは国防のためで、旧オーストリア=ハンガリー帝国から独立して間も無いチェコスロバキアの国軍は弱小であり、防衛力整備が急務であった。もう一つは外貨の獲得で、大量生産した機関銃を輸出した。そしてオーストリア=ハンガリー帝国時代からの重工業地帯であったチェコ地域には、優秀な兵器を開発・生産するだけの充実した工業基盤が存在していたのである。
チェコ陸軍は1923年に新軽機関銃の要求仕様を確定し、ブルノ兵器廠の銃技師であったヴァーツラフ・ホレクにより設計が行われた。試作は極めて順調で、1926年にブルノZB vz.26軽機関銃としてチェコスロバキア陸軍に制式採用された。
銃自体の重量は約8.9 kgと他国の軽機関銃と比べ若干軽量であった。ガス圧作動方式を採用し、照星前方の銃身を調節リングが囲む形状のガスレギュレーターを備え、ガスチューブへ導くガス圧を7段階で調節できた。弾薬としては小銃弾(7.92 mm×57モーゼル弾)をそのまま使用できた。銃身にはキャリングハンドルが付属し、これを使って過熱した銃身の交換作業も容易に行うことができた。また銃身自体も300発ほどなら無交換で使用できた。そしてZB26軽機関銃の最大の特徴は「壊れにくい」ことにあった。当時の他国製の機関銃と比べ、ZB26軽機関銃の機関部などの故障の少なさは驚くべきものであった。高性能で価格も安いZB26軽機関銃は各国に知られるところとなり、多くの国から輸出の引き合いがあった。


<店長のコメント>
ヨーロッパのみならずアジアでも色々な地域で使用された名機関銃です!この時代の軽機関銃は個性的なものが多くて見た目だけでも楽しめますね。

この商品のレビュー

レビューを書いてGET!キャンペーン中

本商品のご購入後、このページに商品レビューを書いていただいた方には、Android/iPhoneの充電に便利なストラップになるUSBケーブルをプレゼント!

ご購入時に「商品レビューを書いてGET!」を選択していただき、レビュー書き込み時に、コメント欄の最後に、「ご注文番号」をご記入ください(レビュー掲載時には表示されません)。

※本体microUSB対応。Lightning、USBTYPE-C変換端子付き。※レビューの掲載は承認制です。無意味な文字列などの不適切な投稿は承認しませんのでご了承ください。 ※プレゼント内容は予告なく変更になる場合がございます。

ストラップになるUSBケーブルプレゼント
レビューを書く