中古電動ガン・ガスガン・モデルガン続々入荷中!

エアガン.jp


現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

商品カテゴリー

  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律

ログイン


友だち追加数


毎日の入荷商品や最新情報をケータイに直接お届け!
お問合せもLINEで対応できます!まずは友だち追加(´ε` )


遺品買取
ガラケー対応終了のお知らせ

ツイッターにて情報更新中!お買い得情報も掲載しますのでフォローしてください。

エアガン.jp Youtubeチャンネル

エアガン.jpチャンネルあります!ぜひぜひご視聴&登録を!

2022年1月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

[東京マルイ] U.S.ライフル M14 マウントレール カスタム 動作不可 (ジャンク)

[東京マルイ] U.S.ライフル M14 マウントレール カスタム 動作不可 (ジャンク)
写真は参考画像です。付属品などは状態の欄をご確認ください。
    商品コード:4952839170804jk-485-683

    [東京マルイ] U.S.ライフル M14 マウントレール カスタム 動作不可 (ジャンク)

    販売価格[税込]11,980
    ポイント119Pt
    在庫状況なし
    只今売り切れです。高価買取します!是非お売りください。
    商品状態(各ランク表記)・付属品について
    [新品]新品の商品です。
    [未使用]ランクAA箱は開封されたりしていますが、使用はしていません。
    [中古]ランクAほとんど使っていない、室内使用のみの商品です。
    [中古]ランクB目立つ傷はありませんが、全体的に年数相応の外観です。
    [中古]ランクC屋外での使用や、使用感がありますが動作に問題の無い商品です。
    [未発火]モデルガン商品で、火薬による発火動作が行われていないものです。状態は上記に準じます。
    [本体のみ]パッケージなし、本体のみの商品です。ガン商品のマガジン・カートリッジは商品ごとの標準の数が付属します。
    状態の欄で付属品等について追加の表記がある場合、付属品等はそちらに準じます。

    製品詳細画像

    [東京マルイ] U.S.ライフル M14 マウントレール カスタム 動作不可 (ジャンク)

    製品詳細画像2

    [東京マルイ] U.S.ライフル M14 マウントレール カスタム 動作不可 (ジャンク)

    製品詳細画像3

    [東京マルイ] U.S.ライフル M14 マウントレール カスタム 動作不可 (ジャンク)

    製品詳細画像4

    [東京マルイ] U.S.ライフル M14 マウントレール カスタム 動作不可 (ジャンク)

    製品詳細画像5

    [東京マルイ] U.S.ライフル M14 マウントレール カスタム 動作不可 (ジャンク)

    製品詳細画像6

    [東京マルイ] U.S.ライフル M14 マウントレール カスタム 動作不可 (ジャンク)

    製品詳細画像7

    [東京マルイ] U.S.ライフル M14 マウントレール カスタム 動作不可 (ジャンク)


    東京マルイ製M14電動ガンのカスタム。

    動作不可、汚れアリのジャンク品だが、マントレールがカスタムされていて、レイルカバー、マグプルが付いています。
    他にもカスタムされているかもわかりませんが、詳細は不明です。



    <実銃はこんな銃>
    アサルトライフルは、大戦中に長距離での命中精度を重視した単発式歩兵銃に変わる新兵器であり、近接戦闘での制圧力を高めるためにフルオート機能を備え、射撃コントロール性能向上と携帯弾数を増やすために使用弾の小型化/短小化が開発の必須条件であった。しかし米軍首脳部は、当時すでに神格化されていたM1ガーランド小銃と、その使用弾「.30-06(7.62mm×63)弾」の実績に拘泥し、高い威力はそのままに、わずかに短縮化された「.308(7.62mm×51)弾」を採用、強引にNATO制式ライフル弾とした。また、銃本体の開発はM1ガーランドをベースに進められ ガスオペレーション機構の改良 8連のクリップ(装弾子)式装弾方式から20連のボックスマガジン方式への変更、 銃口部には反動や発射炎を抑えるためのフラッシュサプレッサーを装着、 セミオート機構にフルオート発射機能の付加など「歩兵用ライフル」と「分隊支援火器」を兼ねると言う軍首脳部からの要求を見事に盛り込んだ形でM14は誕生し、1957年には軍の制式採用となるのである。一撃で相手を倒せる凄まじい威力と、長距離の狙撃戦にも対応可能な高い命中精度は兵士からも絶賛され、陸軍・海兵隊の第1線部隊に配備、140万挺余りが生産されることとなった。 しかし小型化/短小化を目指したM14は、実際はM1よりも重く、連射時のコントロールは容易ではなかった。そしてその後勃発したヴェトナム戦争では、150メートル前後の近接戦闘が主流となり、いかに名銃M1ガーランドの発展型であるM14とは言えども“一寸先も見えないジャングル戦での使用は困難である”という理由から、小口径高速弾(5.56mm×45弾)を使用するM16に米軍主力ライフルの座を譲り渡す事となり、M14は生産を終了。そして、その開発から生産までを担っていたスプリングフィールド国営造兵廠もその役目を終え閉鎖される事となった。しかし、海兵隊や陸軍部隊の一部は、最後までこの銃の継続使用を希望したという。


    <店長のコメント>レストア目的、パーツ取り、等にご活用ください!!

    この商品に対するお客様の声

    新規コメントを書き込む