AIRGUN.JP

エアガン.JP 定休:土・日 営業:10~18時

[WE] M14 GBB リアル刻印+RA-TECHウッドストックカスタム (中古~新品)|エアガン.jp

[WE] M14 GBB リアル刻印+RA-TECHウッドストックカスタム (中古~新品)

[WE] M14 GBB リアル刻印+RA-TECHウッドストックカスタム (中古~新品)

※上の写真内容に関わらず、状態が"本体のみ"の商品には箱・説明書等は付属しません

在庫商品について

  • オススメ
商品コード:WEGB05MWS-6-10~WEGB05MWS-8-15

[WE] M14 GBB リアル刻印+RA-TECHウッドストックカスタム (中古~新品)

販売価格[税込]82,98089,980
ポイント 829~899Pt
在庫状況 (新品)残りあと1 (中古)残りあと1
通常価格:118,580円
購入選択 状態/販売価格[税込]

製品詳細画像1

[WE] M14 GBB リアル刻印+RA-TECHウッドストックカスタム (中古~新品)

製品詳細画像2

[WE] M14 GBB リアル刻印+RA-TECHウッドストックカスタム (中古~新品)

製品詳細画像3

[WE] M14 GBB リアル刻印+RA-TECHウッドストックカスタム (中古~新品)

製品詳細画像4

[WE] M14 GBB リアル刻印+RA-TECHウッドストックカスタム (中古~新品)

製品詳細画像5

[WE] M14 GBB リアル刻印+RA-TECHウッドストックカスタム (中古~新品)

製品詳細画像6

[WE] M14 GBB リアル刻印+RA-TECHウッドストックカスタム (中古~新品)

製品詳細画像7

[WE] M14 GBB リアル刻印+RA-TECHウッドストックカスタム (中古~新品)

製品詳細画像8

[WE] M14 GBB リアル刻印+RA-TECHウッドストックカスタム (中古~新品)

製品詳細画像9

[WE] M14 GBB リアル刻印+RA-TECHウッドストックカスタム (中古~新品)

製品詳細画像10

[WE] M14 GBB リアル刻印+RA-TECHウッドストックカスタム (中古~新品)
マシン彫刻による実銃通りのリアル刻印に加え、RA-TECH製高級ウッドストックを装備したカスタム品!


本体はスプリングフィールドアーモリーの刻印が入り、マガジンにもSFAロゴが入っています。
高品質なカスタムパーツメーカー「RA-TECH」の高級木製ストックを装備し、どこから見てもリアルな一丁に仕上がりました。


<エアガンインプレッション>
このガンの開発でGBBライフル界に大きな風穴を空けた、WE-TechのM14。本来はウッド調樹脂ストックのモデルにRA-TECHのウッドストックを換装し、観賞用でも十分納得できるガンに仕上げられている。動作については、ボルトを引いたときの金属音の良さはもちろん、実際に射撃するとGBBの醍醐味である強烈なブローバックに伴ってバチャン、という高い金属音が響き、じーんとしびれるような快感がある。フルオートで撃つと少々やかましすぎるくらいの音が出るため撃つ場所を選ぶ必要があるが、電動ガン、いやほかのGBBライフルでもなかなか味わえない、超ド迫力の動作を一度味わってみて欲しい。


<実銃はこんな銃>
アサルトライフルは、大戦中に長距離での命中精度を重視した単発式歩兵銃に変わる新兵器であり、近接戦闘での制圧力を高めるためにフルオート機能を備え、射撃コントロール性能向上と携帯弾数を増やすために使用弾の小型化/短小化が開発の必須条件であった。しかし米軍首脳部は、当時すでに神格化されていたM1ガーランド小銃と、その使用弾「.30-06(7.62mm×63)弾」の実績に拘泥し、高い威力はそのままに、わずかに短縮化された「.308(7.62mm×51)弾」を採用、強引にNATO制式ライフル弾とした。また、銃本体の開発はM1ガーランドをベースに進められ ガスオペレーション機構の改良 8連のクリップ(装弾子)式装弾方式から20連のボックスマガジン方式への変更、 銃口部には反動や発射炎を抑えるためのフラッシュサプレッサーを装着、 セミオート機構にフルオート発射機能の付加など「歩兵用ライフル」と「分隊支援火器」を兼ねると言う軍首脳部からの要求を見事に盛り込んだ形でM14は誕生し、1957年には軍の制式採用となるのである。一撃で相手を倒せる凄まじい威力と、長距離の狙撃戦にも対応可能な高い命中精度は兵士からも絶賛され、陸軍・海兵隊の第1線部隊に配備、140万挺余りが生産されることとなった。  しかし小型化/短小化を目指したM14は、実際はM1よりも重く、連射時のコントロールは容易ではなかった。そしてその後勃発したヴェトナム戦争では、150メートル前後の近接戦闘が主流となり、いかに名銃M1ガーランドの発展型であるM14とは言えども“一寸先も見えないジャングル戦での使用は困難である”という理由から、小口径高速弾(5.56mm×45弾)を使用するM16に米軍主力ライフルの座を譲り渡す事となり、M14は生産を終了。そして、その開発から生産までを担っていたスプリングフィールド国営造兵廠もその役目を終え閉鎖される事となった。しかし、海兵隊や陸軍部隊の一部は、最後までこの銃の継続使用を希望したという。


<店長のコメント>
ガチャッ、ジャキッ、バキャン!音も動作も質感も、何もかもが規格外のド派手な一丁です!


<エアガンスペック>
全長1131mm
重量4950g
装弾数20+1
初速N/A
システムセミ・フルオート
定価¥オープン

この商品のレビュー

レビューを書いてGET!キャンペーン中

本商品のご購入後、このページに商品レビューを書いていただいた方には、Android/iPhoneの充電に便利なストラップになるUSBケーブルをプレゼント!

ご購入時に「商品レビューを書いてGET!」を選択していただき、レビュー書き込み時に、コメント欄の最後に、「ご注文番号」をご記入ください(レビュー掲載時には表示されません)。

※本体microUSB対応。Lightning、USBTYPE-C変換端子付き。※レビューの掲載は承認制です。無意味な文字列などの不適切な投稿は承認しませんのでご了承ください。 ※プレゼント内容は予告なく変更になる場合がございます。

ストラップになるUSBケーブルプレゼント
レビューを書く