AIRGUN.JP

エアガン.JP 定休:土・日 営業:10~18時

[タナカ] U.S. M1カービン パラトルーパー モデルガン (中古)|エアガン.jp

[タナカ] U.S. M1カービン パラトルーパー モデルガン (中古)

[タナカ] U.S. M1カービン パラトルーパー モデルガン (中古)

※上の写真内容に関わらず、状態が"本体のみ"の商品には箱・説明書等は付属しません

在庫商品について

商品コード:4537212005845-6-3

[タナカ] U.S. M1カービン パラトルーパー モデルガン (中古)

販売価格[税込]59,800
ポイント 598Pt
在庫状況 なし
通常価格:84,240円
只今売り切れです。高価買取します!是非お売りください。

製品詳細画像1

[タナカ] U.S. M1カービン パラトルーパー モデルガン (中古)

製品詳細画像2

[タナカ] U.S. M1カービン パラトルーパー モデルガン (中古)

製品詳細画像3

[タナカ] U.S. M1カービン パラトルーパー モデルガン (中古)

製品詳細画像4

[タナカ] U.S. M1カービン パラトルーパー モデルガン (中古)

製品詳細画像5

[タナカ] U.S. M1カービン パラトルーパー モデルガン (中古)

製品詳細画像6

[タナカ] U.S. M1カービン パラトルーパー モデルガン (中古)

製品詳細画像7

[タナカ] U.S. M1カービン パラトルーパー モデルガン (中古)

製品詳細画像8

[タナカ] U.S. M1カービン パラトルーパー モデルガン (中古)
パラシュート降下の際に折り畳めるワイヤーストックを装備したモデル。フルサイズのライフルを使用できなかった部隊で使用され高い評価を得た。

カートリッジ5発とスリングが付属。



<実銃はこんな銃>
1941年にアメリカで開発された自動小銃。M1カービンの特徴として、ボルトの閉鎖機構はM1ガーランドと同じく回転ボルト閉鎖を採用していたが、ガス圧でボルトを解放する機構には短ガス・ピストン式(玉突き式)を採用していた。(この後、短ガス・ピストン式は多くのアサルトライフルの設計に取り入れられ、AR-18、89式、G36といったモデルに採用されている)M1カービンの使用弾薬である.30カービン弾は、当時の標準的小銃弾に比して遥かに腔圧が低いという特性を持っていたため、これを活かした非常に短いガスピストンが用いられている。この小さなガスピストンは多くの弾数を発射する過程で徐々に変形・腐食して行くため、専用のレンチを用いて交換する事が前提で設計されており、年代物のM1カービンを使用する際にはガスピストンの交換が必要な場合があるので注意が必要である。また.30カービン弾には当時の軍用銃としては世界で初めて低腐食性のプライマー(雷管)が採用され、高温・高圧のガスに晒されるガスピストン(更に耐食性を高めるため後期にはステンレス製となった)や銃身内部を始めとする各部の腐食を減らし、耐用年数を大幅に延命させる事に成功した。当初、M1カービンはフルオート射撃を可能とする設計だったが、全長の短さと軽量さからフルオート射撃時のコントロールが難しく、量産型ではセミオート射撃(半自動)のみとなった。軽く取り扱いが容易なM1カービンは後方支援用火器だけではなく、前線の下士官などにも愛用され、その他にも折りたたみ式ワイヤー式銃床を装着したM1A1カービンは空挺部隊やオートバイ兵に対しても支給されている。M1カービンの生産はウィンチェスター社以外にも数社で行われ、全シリーズを通して最終的に約600万丁ほど生産された。支給を受けた同盟国の兵士にも好評で、またドイツ国防軍や日本軍の兵士も鹵獲した本銃を好んで使用した。


<モデルガンスペック>
全長640〜920mm
重量2540g
装弾数15
タイプ発火/5mmキャップ
システムボルトアクション
定価¥ 78000

この商品のレビュー

レビューを書いてGET!キャンペーン中

本商品のご購入後、このページに商品レビューを書いていただいた方には、Android/iPhoneの充電に便利なストラップになるUSBケーブルをプレゼント!

ご購入時に「商品レビューを書いてGET!」を選択していただき、レビュー書き込み時に、コメント欄の最後に、「ご注文番号」をご記入ください(レビュー掲載時には表示されません)。

※本体microUSB対応。Lightning、USBTYPE-C変換端子付き。※レビューの掲載は承認制です。無意味な文字列などの不適切な投稿は承認しませんのでご了承ください。 ※プレゼント内容は予告なく変更になる場合がございます。

ストラップになるUSBケーブルプレゼント
レビューを書く